カリタス南相馬

カリタス南相馬へようこそ

カリタス南相馬について

「カリタス」は、「愛」という意味のラテン語です。
感情的な好き嫌いの愛ではなく、相手をそのものとして無条件に大切にする愛を表すのが「カリタス」という言葉です。

◆カリタス南相馬がめざすもの

「カリタス南相馬」は、

  1. 東日本大震災と原発事故により困難な状況におかれている人々を支える地元の活動に協力し、
  2. 福島の現実とそこに生きる人々の思いを世界中の人々につないでいく拠点です。

1) 地域の人々と交わりを大切にし、地域の復興に協力します。
2) 各地からのボランティアを受け入れ、地域へ派遣します。
3) 福島第一原発から25kmにある「場」として、共に祈り、学びます。

◆カリタス南相馬について
カリタス南相馬は被災者と被災地全体に対して幅広く救援・復興活動を実施するために開設しました 。

◆カリタス南相馬の活動
カリタス南相馬は、
①南相馬市の各社協とその連携にある団体の後方支援
②多目的ホールを利用した常設サロン
③カトリック原町教会との活動
④さゆり幼稚園の園児からママ
⑤地域外をつなぐ場づくり
⑥現地の案内
⑦南相馬市と浜通りの情報の発信と共有
を行っています。

◆運営母体と責任者
カリタス南相馬の運営母体はカトリック東京ボランティアセンター(CTVC)です。責任者はカトリック東京大司教区の幸田和生司教です。
カリタスジャパンから支援を受けて運営しています。

アクセス